ブログ

創立2周年を迎えました

20141101_1

本日11月1日をもって株式会社woodsmallは無事創立2周年を迎えることができました。
woodsmallに携わっていただいた方々全てに感謝したいと思います。

【この1年の所感】

この1年を振り返ってみると、受注も順調に取れていたし、売上目標を掲げた自社アプリ事業も大きく拡大しました。
資金繰りに苦労することもなかったし、順調でした。

あとは、プロジェクトを進めるにあたり、お客様からの信頼度が1期目と比べて圧倒的に増した気がします。

また、1期目は仕事を依頼している方やお客様からのメール等で悔し涙を流すことが多かったけど。
2期目では、嬉し涙を流すことが多くなりました。

ずっと、ほぼ一人で会社をまわしてきました。
でも、そこには色んな方々に支えられてここまでこれたんだと実感しています。

この1年でやったこと。

逆転の発想

弊社のような受託開発会社は、外注費(仕入れ)を抑えれば粗利が上がります。
なので2期目の途中までは、極力外注費は抑えていました。

が、なんとなく『仕事を依頼した方に1円でも多く支払う』ことを心がけました。なんとなく。
その結果、今まで以上に仕事が円滑に進むようになりました。

自社アプリの事業化成功!

弊社の主力事業は、AndroidやiOSアプリ、WEBサイト、DTPなどの受託開発です。
それに匹敵するくらいの事業に成長しました。
自社アプリ事業がある限り、赤字になることは無いと思います。

アプリに仕様書はいらない

お客様から開発の依頼を受ける際、見積りを出したり、作業範囲を明確にする為に仕様書は必須です。
でも、いらないんです、仕様書なんて。
俺は、仕様書というのは受託開発会社側に都合の良い書類だと思ってます。

じゃぁどうしてるか?
プロトタイプ(試作品)を作ってお客様に見せる。
その意見を聞いて開発する。

これが、一番良い方法だと思います。

企業理念の制定

企業理念を制定することで、会社としての存在意義が明確になったと思います。
woodsmallの企業理念はこちら

経営基盤の強化

当初の予定の通り、3年間は一人で会社をやろうと思っています。
あと1年。
この1年でしっかりと黒字化できる基盤を作り、会社の体力を蓄えて、仲間を募りたいと思います。

3期目もよろしくお願い致します。

株式会社woodsmallの小林でした。
http://woodsmall.co.jp/

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサードリンク

 

30代半ばのオッサンが起業した話

プロフィール

kobayashi-profile
代表取締役CEO 小林 高志
1999年からシステムエンジニアとして、クライアントサーバのシステム構築、WEBシステムの開発、Androidアプリの企画・開発、iPhoneアプリの企画・マーケティング等に携わる。
2012年からカメラマンとして都内のスタジオに従事。
2012年、株式会社woodsmall創業。
2013年5月に代表取締役に就任。
自身の半生を綴った書籍を出版するのが、個人的な目標。
趣味は、カメラ・車・バイク・料理。

代表取締役の略歴はこちら

社長のブログについて

検索してもヒットしなかったアプリ開発に関する技術的な記事から、その時に思ったことなどを素直に書き綴っています。

スポンサードリンク

Facebook

twitter

対応エリア

株式会社woodsmallは、千葉県をはじめ関東エリア、関西エリアでのホームページ制作、アプリ開発(Android、iPhone)、システム開発、チラシ制作を承ります。

【千葉県エリア】
船橋市、市川市、習志野市、浦安市、鎌ヶ谷市、松戸市、柏市、成田市、佐倉市、千葉市中央区、千葉市花見川区、千葉市稲毛区、千葉市美浜区、千葉市若葉区、千葉市緑区、白石市などの千葉県エリア

【東京都エリア】
足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区などの東京都エリア

【神奈川県エリア】
横浜市、川崎市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、平塚市、寒川町、大磯町、二宮町などの神奈川県エリア

【埼玉県エリア】
さいたま市、川口市、蕨市、戸田市などの埼玉県エリア

【関東・関西エリア】
その他、茨城県、栃木県、群馬県の関東エリア、長野県、新潟県の甲信越エリア、大阪府の関西エリア、全国からのご依頼に対応させて頂きます。
(遠方の場合は電話やメール、LINE、Skypeでの打合せとなります。)

ページ上部へ戻る