ブログ

起業をする際に本当に必要なものリスト

起業する際に必要なもの。
当時はネットで検索したりしましたが。
1年半以上経ってみて本当に必要だったものをリスト化してみました。

  • 代表者の実印
  • 会社の代表印
  • 会社の銀行印
  • シャチハタの角印
  • 社判
  • 契約書のフォーマット
  • 会社のホームページ
  • 名刺
  • 会社の銀行口座
  • パソコン
  • プリンタ
  • 税理士
  • ノートパソコン
  • 資本金
  • 会社のロゴ
  • 実行力

※順不同

代表者の実印

会社の代表印を届ける際や登記する際に代表者の実印が必要になります。

会社の代表印

最初は会社の登記、税務署等の役所への届出でも必要になります。
会社の印鑑の中で一番使用頻度が高く、他人の目にふれることが多いので、それなりのものを作った方が良いと思います。
元々はよくある『起業3本セット』で作りましたが、代表印と銀行印は作り直しました
角印はほとんど使っていません。

会社の銀行印

会社の銀行口座を開設する際に必要になります。

シャチハタの角印

見積書、請求書等はすべてシャチハタの角印を使用しています。
(厳密には印影をスキャンして電子印鑑として使用)
そのうち、ちゃんとしたのに作り変えるかもしれませんが、シャチハタが断然便利です。

社判

絶対作って損は無いものの一つ。
銀行、役所等々で会社の住所等を書く際は、すべてこの社判を押せばOKです。
ちなみに「住所」「会社名」「代表者役職」「代表者名」「TEL」が入っています。

契約書のフォーマット

弊社は正式受注した際に、例外を除き、必ず契約書を交わします。
元々はネットからダウンロードしてきたものを使用していましたが、現在は行政書士さんにお願いして作ってもらった契約書を使用しています。
お金は掛かりますが、後々トラブル等に発展した際のことを思えば安い買い物。

会社のホームページ

これは業種にもよると思いますが、あった方が良いと思うことが多々あります。

名刺

これも必須。
自分でデザインしていますが、割とインパクトがあるものを使用しています。

会社の銀行口座

受注した案件の振込みなどに必要です。
最近は振り込め詐欺の影響で、法人の口座開設は割りと面倒なことになっているみたいです。
都市銀よりも地方銀行の方が開設しやすいと思います。

パソコン

業種的にも無くてはならないものですが、他業種でも絶対あった方が便利だと思います。

プリンタ

ペーパーレス化と言われていますが。
多分レシート(領収書)がペーパーレス化されない限り、経理等の紙は無くならないんでしょうね。
これも当初思ってた以上に使ってます。

税理士

簿記とか、そうとう自信があれば別ですが。
会社の経営状況に合せてアドバイスもくれるし決算もしてくれるし、代表取締役の確定申告もしてくれるし。
顧問料は発生しますが、絶対税理士にお願いした方が良いと思います。

ノートパソコン

最初の頃は、打合せなどノートに手書きでしたが、時間が経つと自分が何を書いたのかさえも分からなくなることが多々。笑
現在はMacBook Airを使ってます。
電車の中も、待ち時間の喫茶店もMacBook Airがあれば、どこでも仕事場になります。

資本金

開業には届出だけでも20万円弱必要です。
開業したての頃は、収入(売上)も安定しない為、会社を維持する為にお金が必要になります。
資本金は最低でも300万円あった方が良いとか、色々な情報が溢れていますが。

俺が会社を回してみて感じたのは、資本金が1万~300万なら大差は無い!ということ。
開業前に一生懸命300万貯めたとしても、多分1年以内に資金は底をつくと思います。
開業資金は、国や地方からの助成金もあるし、銀行からの融資も受けられます。
弊社は資本金1万円で創業して日本政策金融公庫と銀行から融資を受けました。

たまに聞く話ですが『ウチは資本金100万以上の会社としか取引しない!』って話を聞きますが。
これを言ってる人は会社を経営したことが無い人だと思います。
資本金が1万の会社だけどキャッシュフローは100万円。
資本金が100万の会社だけどキャッシュフローは10万円。

先ほどの話をしている人はキャッシュフローが100万以上の資金に余裕がある会社としか取引しない、ということを言いたいのだと思いますが。
それは前者の資本金1万円の会社です。

早い話、開業資金や資本金なんて後からどうにでもなる!ということです。
※開業資金と資本金がごちゃ混ぜになっていますが。厳密にはもちろん違いますが同じようなものとして書いてます、似たようなものです。

会社のロゴ

創業間もないベンチャー。
少しでもお客様の印象に残るよう、ロゴはとても重要だと思っています。
弊社のロゴは、文字の部分は有料フォントを購入して俺が作りました。
ロゴのイメージと配色はデザイナーにお願いしました。
デザインに自信が無いのであれば、クラウドソーシングなどでデザインしてもらうのも手だと思います。

実行力

これが一番重要な要素かも。
起業してから知り合いとかから『実は俺も起業したいんだよね』って話をチラホラ聞きます。
「いつする予定なの?」って聞くと大抵『準備が整ってから』という答えが返ってきます。
多分準備万端で起業できた人なんて稀だと思います。

俺は常々言っていますが、いくら頭で考えていても実行に移さなければゼロ
何も考えてない人と一緒です。

俺は思いついたらすぐに実行に移します。
仕事が終わってビール飲んでくつろいでいる時に思いついてもすぐに実行に移します。
寝ている時に思いついた時は朝起きてすぐに実行に移します(これよくあります)。
多分実行力こそが最も重要(必要)なことなのかな、と思います。

これから起業を目指している方の何かの役に立てば。

株式会社woodsmallの小林でした。
http://woodsmall.co.jp/

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサードリンク

 

30代半ばのオッサンが起業した話

プロフィール

kobayashi-profile
代表取締役CEO 小林 高志
1999年からシステムエンジニアとして、クライアントサーバのシステム構築、WEBシステムの開発、Androidアプリの企画・開発、iPhoneアプリの企画・マーケティング等に携わる。
2012年からカメラマンとして都内のスタジオに従事。
2012年、株式会社woodsmall創業。
2013年5月に代表取締役に就任。
自身の半生を綴った書籍を出版するのが、個人的な目標。
趣味は、カメラ・車・バイク・料理。

代表取締役の略歴はこちら

社長のブログについて

検索してもヒットしなかったアプリ開発に関する技術的な記事から、その時に思ったことなどを素直に書き綴っています。

スポンサードリンク

Facebook

twitter

対応エリア

株式会社woodsmallは、千葉県をはじめ関東エリア、関西エリアでのホームページ制作、アプリ開発(Android、iPhone)、システム開発、チラシ制作を承ります。

【千葉県エリア】
船橋市、市川市、習志野市、浦安市、鎌ヶ谷市、松戸市、柏市、成田市、佐倉市、千葉市中央区、千葉市花見川区、千葉市稲毛区、千葉市美浜区、千葉市若葉区、千葉市緑区、白石市などの千葉県エリア

【東京都エリア】
足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区などの東京都エリア

【神奈川県エリア】
横浜市、川崎市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、平塚市、寒川町、大磯町、二宮町などの神奈川県エリア

【埼玉県エリア】
さいたま市、川口市、蕨市、戸田市などの埼玉県エリア

【関東・関西エリア】
その他、茨城県、栃木県、群馬県の関東エリア、長野県、新潟県の甲信越エリア、大阪府の関西エリア、全国からのご依頼に対応させて頂きます。
(遠方の場合は電話やメール、LINE、Skypeでの打合せとなります。)

ページ上部へ戻る